2005年12月14日

どうなってるの!?音楽著作権?



近頃すっかり、ネットでの音楽配信が地位を占めてきましたねぇ。

しかし香港からは、ダウンロードが出来ません…もちろんお金を払ったって。
「香港からは…」というより、ほとんどの邦楽は日本国外からダウンロードできないのです。

う〜ん納得いかない…~(・ェ・)~


で、HMVにCDを買いに行きました。

いつも謎なのは、香港HMVの邦楽CDの金額…。
金額が2種類あるのです。

普通は、日本から入荷する手間等を上乗せしたであろう、定価の1.2〜1.5倍の金額。
でもいくつかのCDに限っては、異常に安いのです。

例えば、ちょうど店内DJが宣伝して、店で流れていた、平井堅の「歌バカ」がHK$99(約1500円)。
決して、海賊版とかじゃなくて、「海外販売用」の表記以外は、通常のCDと変わりません。
確かこれって、日本でも発売したばかりでは…!?


どうやら、こちらでもビデオクリップをTVで流している、ソニーミュージック系の有名どころは安くなっている傾向があります…。

しかしどうして、ネット配信はできないのに、CDは安売りしているの??
音楽著作権って一体どうなっているのでしょうねぇ?


う〜んやっぱり納得いかない…~(・ェ・)~






↓この記事がお役に立ったと思われたらクリックお願いします(^▽^)。
banner_04.gif


posted by はねはなねこ at 17:36 | 香港 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 食と生活必需品
この記事へのコメント
えーダウンロードできないということですか?

CDの値段の話は聞いたことがあります。
韓国で買うほうが安いっていう話でした。
おかしいですね、音楽業界。
Posted by サイコ at 2005年12月14日 20:29
確かに安いモノ、ありますね。私は最近気がついたのです。海外販売用の存在に。
 不思議ですよね?
 でも、そういえば日本にいた頃でも、洋楽の輸入版は安く買えたりしてたよね?
 調べて見るか。海外販売用について。
Posted by みっちゃん at 2005年12月14日 23:18
 ちょっと調べてみました。海外販売用のCDとは、簡単に言えば、日本のレコード会社がアジアなどの外国の販売業者と契約して、現地向けに現地価格で販売している日本の音楽CD(中略)日本の音楽CDの価格に比べて現地価格が安い場合、消費者は国内版よりも安い価格でほぼ同じ製品を手にすることができる。
 とのことです。ってことは、SONYはきっと香港の業者と契約しているのでしょうね。
 価格が高くて海外消費者に買ってもらえないよりは、安くして、多く買ってもらった方が会社の利益につながるってこと?
Posted by みっちゃん。 at 2005年12月14日 23:34
>サイコさん
「購入」ボタンをクリックすると、「IPアドレスが国内のではないので、購入できません」と…。
ほぉ、韓国もなのですね。
旅行で、香港・韓国(多分他の国もまだまだあるばず)に来る方は、買いかも。

>みっちゃん
さすがみっちゃん、調べが早いです…ありがとう。
なるほど…生活水準が値段に比例するのかぁ。
「筋少」は、ソニーじゃないし、きっと$275位とかしちゃうのだろうね…。

つまりソニーミュージックに頑張ってもっとたくさんのアーティストと契約をしてもらおう!という事だね。
Posted by はねはなねこ at 2005年12月15日 18:36
こちらは香港からダウンロードできますか?
よろしかったら、試してみてください!!
Posted by Sea Music at 2005年12月15日 21:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。