2006年08月25日

中国會(China Club)に行ってきました。



香港には、イギリス植民地時代のなごりを残した会員制高級クラブというものがたくさん存在します。


「高級クラブ」というと、ちょっとえっちい(!?)響きがありますが、そういう類ではなくて、会員だけが入れる施設で、クラブによってレストラン・バー・スポーツジム・プール・図書館・ホールなどが備えられています。


例えば香港の有名どころだと、「日本人倶楽部」「賽馬會(Jockey Club)」「香港遊艇會(HK Yacht Club)」私が以前セラピストとして働いていた「香港足球會(HK Football Club)」などなど挙げたらきりがない程、高級感とメンバーのみという秘密めいたステイタスの倶楽部が山ほどあります。

どこも会員になるのは、一定の条件が必要だったり会員費が結構かかるのですが、施設内のレストラン等は割りとリーズナブルです。



今回はちょっとしたきっかけで、有名高級クラブの一つ「中国會(China Club)」に行ける事になりましたq(^−^)p

「中国會」はレストランやバー、図書館があるどちらかというと小規模なアート系のクラブです。


library.jpg
コロニアル調の内装で、入り口吹き抜けの螺旋階段には、モダンアートの絵がびっしり飾られているちょっとアングラな雰囲気。
写真を撮ったのですが、薄暗いため、真っ暗になってしまいました…。

唯一生き残ってたのは、図書館の写真。
雰囲気だけは伝わるでしょうか??



toilet.jpg
さて、ここで香港らしい…と思ったのがトイレの一工夫。
オーク材を使ったおしゃれなトイレですが、便座に取っ手が付いています(・_・??)

変な話ですが、香港人はいつも便座カバーを上げて便器の上に立つか、おしりを浮かせて御用を足します…(-_-;)

なので、カバーに取っ手がついています。

しかしこれってちゃんとカバーを使う人にとっては、とても邪魔…。
香港らしい気の配りようです。


磨きこんだ床や柱…ともかく細部にまで気を使った、古き良きイメージのおしゃれなクラブでした。

うぅ…写真がうまく映ってなくて残念。





↓このブログの応援クリックお願いします(^▽^)。
banner_04.gif




posted by はねはなねこ at 12:47 | 香港 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 食と生活必需品
この記事へのコメント
ひさしぶりです(^^)
まだ青森にいますです(苦笑)

香港へ住み始めた頃、女子トイレの便座も上げてあるので、切羽詰った男性が女子トイレで用足ししているのだと思っておりました(滝汗)

ワタシ・・・未だに自分が切羽詰ってトイレに駆け込んだ時、便座を下ろし忘れて便器にハマッてしまうことがよくあります(TT)
Posted by のびび@明日香港に帰ります at 2006年08月26日 06:11
いやー、お久しぶりです。
渋い色合いの図書館ですね。素敵です。

そういえば、久しぶりに思い出しました。
HKのトイレ事情。普通に用を足した方が、
衛生的な気がしますけどね。不思議です。
Posted by せっちょん at 2006年08月26日 15:21
えーー香港のトイレ事情初耳です。

器用なことするのね(^^;
Posted by riris at 2006年08月26日 18:38
>のびびさま
返信コメントが遅れてしまいました…スミマセン。
…という事は既に香港に戻られてらっしゃるのですねぇ。おかえりなさいませ。

私も最初は「なぜ女子トイレなのに、便座が上がっているの??」と疑問でした。


>せっちょんさま
お久しぶりです〜お元気ですか?
そうですよね…よっぽど中国の溝トイレの方が衛生的なのでは?と思ってしまう事もしばしばです。


>ririsさま
ホント器用ですよね…だって中腰でするわけですから(^_^A)
せっかちな香港人らしいと言えば、らしいのですが。
Posted by はねはなねこ at 2006年09月01日 13:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。