2006年09月17日

病院ツアーに行ってきました。



妊婦生活もようやく6ヶ月目に入りました。

昨日はいよいよ楽しみにしていた出産予定の病院ツアーに参加してきました。


私が出産を予定しているのは、香港大学付属病院の「Queen Mary病院(QMH)」です。
前述にもありますが、こちらは香港の公立病院なので、香港居民(香港IDカード保有者)であれば、外国人でも特別な保険等に入っていなくても、無料で診察が受けられます。

緊急科や入院などの特別な場合でも、1日〜150香港ドル(約2,250円)あれば、だいたいの検査や治療を受ける事ができます。


この「Queen Mary病院(QMH)」は香港島の西のはずれにあり、環境も静かで、友人達の評判も高く、以前3日程皮膚炎で入院した時にも、衛生的で非常に親切にして頂いた事もあったので、迷わずこの病院を選びました。


世界的にもレベルの高い香港大学の付属病院で、香港でも1・2を争う医療設備とレベルの高さも安心の理由です(^▽^)




QMH産婦人科ツアー自体は月2〜3回実施されているのですが、人数が限られている人気ツアーのため、2ヶ月前に予約して、やっと参加できました。


QMHでの出産の場合、問題がない限り出産入院するその当日まで、直接病院に行く事はないので、陣痛が来たらどこのカウンターに行けばいいのか?とか病院の環境などが分かってとても役立つ企画です。

昨日は英語のツアー日、15組くらいのカップルが参加しており、半数以上が西洋人、日本人は私一人…でした。




まずは、陣痛室の見学。

出産を間近に控えて、かなり緊張した雰囲気が流れています。
部屋は各ブロック6〜8ベット入っていて、それぞれカーテンで仕切られています。

ちょうど食事時間だったのですが、昔の給食のようなプレートにご飯や豚肉ときゅうりの炒め物などの中華食が配られていました。

食事はあまり期待できそうもありませんが、2・3日の事なので、まぁ良しとしましょう…。



laborroom.jpg次は、分娩室。

こちらは完全個室で、立会い分娩クラスを受講したパートナーであれば、ずっと付き添いができるので、ソファも置いてあり快適です。

逆光で風景が見えませんが、窓の外には一面海が広がっていて、ゼイタク!



無事出産が終われば、入院棟に移動です。

入院棟も、各ブロックに6ベットくらい入っていて、各ベットがカーテンで仕切られています。

2ベットしかない個室もありますが、この場合私立と同じ位の料金を取られるので、公立病院を選択する意味があまりありません…。

公務員の管理職クラスだと、こちらの部屋をタダで利用できるとか…。



ともかく新生児室もすぐ隣にあって、赤ちゃんを隣に連れてきてもいいし、疲れている時は新生児室で預かってもらう事もできます。


面会時間は1日2回、お昼時間と夕方6時〜8時までなので、香港の病院らしくなく思ったより静かでした(^▽^)。


これで入院費用は検査・治療・新生児ケア・食事全て込みで1日たったのHK$150(2,250円くらい)


帰りにIKEAでいろいろ家具を見てから、帰宅。
すっかり満足の1日でした。


追記  気になる陣痛室や入院棟の写真は、空いているブロックがなく、プライバシーのため撮影できませんでした…ごめんなさい。






↓この記事がお役に立ったと思われたらクリックお願いします(^▽^)。
banner_04.gif







posted by はねはなねこ at 16:51 | 香港 | Comment(6) | TrackBack(0) | 香港出産日記
この記事へのコメント
海を見ながらの出産なんて。。。なかなか他の病院では出来なさそうな、ロマンティックな、貴重な出産になりそうですね。
 
Posted by みっちゃん at 2006年09月18日 21:16
>みっちゃんへ
やっぱり噂通り、風光明媚な分娩室だったよ。
ラマ島も見えるし…やはり私はラマ島とは切っても切れない縁なのかもしれません。
Posted by はねはなねこ at 2006年09月18日 23:18
この病院「慕情」でジェニファー・ジョーンズが看護婦してたところですよね。
と外れたところで反応(^^;
Posted by riris at 2006年09月22日 01:45
>ririsさま
ええーっ!!そうだったのですね〜\(◎o◎)/
知らなかったです。
今度「慕情」をちゃんと見てみますね。
Posted by はねはなねこ at 2006年09月22日 11:29
でも、聞くところによると香港でのロケはごくわずかだったらしいので実際の病院が出てくるかどうかは…。
Posted by riris at 2006年09月22日 17:33
初めまして!公立病院での出産を追ってるうちにたどりつきました。よろしければ、QMの分娩台のタイプを教えていただけますか?
Posted by ごまちゃん at 2007年06月05日 20:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。