2007年01月12日

ボク、初めてなので…。



昨日は37週目の産前検診日。

以前にも書きましたが、私の病院は香港大学付属のQueen Mary病院付きTsan Yuk病院。

なので検診の際に学生が研修のため立ち会うことがたまにあります。


最初は私も戸惑いましたが、今では慣れたもので、学生にいろいろ質問をしたりして余計にオドオドさせてしまったりしています。




さて昨日の学生くんは、研修第1回目+私が初めての患者で、お医者さんに検診の細やかな流れを説明してもらっていました。


ちなみに香港大学では、授業は英語が共通語になるので、お医者さんと学生くんも同じ香港人でありながら、英語でやりとりをしていました。




お医者さん「じゃあ、まず患者さんが入ってきたら、席についてもらって、基本的な事項を質問すること」

学生くん「はいっ!」


(妊婦さんの体調等の質問が繰り広げられる)


医「次は、検診台に上がってもらって触診だ」

学「はいっ!」


(看護婦さんが私を検診台に連れていって、セッティング)


医「では患者さんの横に立って、まずお腹全体を観察」

学「この位置でいいですか?」

医「うむ。では特に怪我はないか?大きさは異常じゃないか?」

医「特に異常がなければ、まず子宮底長を計ってみよう」

学「……………………」

医「??どうしたんだ?」

学「あっ、ボク初めてなので、どうしたらよいのか…」



えっっっ(・Д・;)


さすがに私も不安になり、お医者さんと看護婦さんの目をすがるように見つめました。


医「あっ、それじゃあ、今回は私がするから、よく見ているように」


その後お医者さんは、お腹の触診で胎児の位置や子宮の大きさを確認したり、ドプラーで心拍を聞いたり、超音波で胎児を確認したり…と一連の流れを説明しながら卒なくこなし、検診が終了しました。




しかし…子宮底長ぐらいなら、私でも計れるのに…。


学生くんは余程緊張していたのか?はたまた勉強がおろそかだったのか?

今まで何回か研修医が参加していた事はありましたが、こんなパターンは初めてでした…。



検診室を去る際、外で待っていた妊婦さんを見て「彼女が学生くんの患者第1号になるのねぇ…」と同情のまなざしを送ったはねはなねこでありました。





↓このブログの応援クリックお願いします(^▽^)。
banner_04.gif

posted by はねはなねこ at 12:28 | 香港 🌁 | Comment(5) | TrackBack(0) | 香港出産日記
この記事へのコメント
いやぁ、「ぼく はじめてなので」と正直に申告するのはなんかほほえましいですよね。
大変な自体の時はご遠慮願いたい気がしますが、何事も、だれでも初めてってのは必ずあるわけで、そこの乗り越え方でその後の人生や歩いていく路も違ってくるだろうと思います。

それにしてももうじきですね〜。
Posted by riris at 2007年01月12日 14:03
>ririsさま
確かに誰しも「初めて」を繰り返していくものですものね…。

私のおなかが、学生くんにとっての「初めて」となって彼のこれから医者人生につながって行くのかと思ったら、ちょっとありがたいキモチになりました(^▽^)
Posted by はねはなねこ at 2007年01月12日 20:19
なんか実験台っぽくて「なんだかなぁ〜」って気分にはなりますが、微笑ましいですねェ(^^)
立派なお医者さんになってもらいたいものです。

ところで、ワタシが香港に来る前に通っていた歯医者さん。若いけれど、開業医だし…って悪いトコみんな治してもらおうとしていたんです。
「これから香港に住むので、言葉がイケてませんからガッチリ治療してくださいね!」ってお願いしたら…「え〜、でも香港の方が良い歯医者さんいっぱい居ると思いますよ」だって(怒)

37週目ですか、もういつ生まれても無問題ですね☆
Posted by のびび at 2007年01月13日 17:17
はねはなねこsama

思わずふきだしてしまいましたよん。
学生君、ウイウイしさと同時に不安感じますよね。これから鍛えられていくのでしょう。

はねはなねこさんの体調はいかがですか?
インフルエンザなどかからないよう無理なさらずおすごしくださいな。
Posted by サイコ at 2007年01月13日 21:33
>のびびさま
これから治療という時にそんな事を言われると「この人自信がないのかしらー??」と思ってしまいますよねぇ。

香港の歯医者さん、技術の良い先生はすごいのだけども、治療費が恐ろしく高いですよね〜。

私のかかりつけの歯医者さんだと、根幹治療(Root canal)1本で3〜4万円ぐらいします。
それでも安いらしいですが…。

彼の場合、香港人らしくなく「香港の歯科は世界で指折りの(金額の)高さだから、今は最低限の治療をして、続きは日本でしても良いよ」と気を使ってくれた位でした。



>サイコさま
私も初めてトリートメントをして、お金を頂いた(練習でなかった)時の事を思い出しました…。

今のところ体調は好調ですよ〜、ありがとうございます。
そちらもノロウイルスやら鳥インフルエンザやらも出てますから、お互い要注意ですね。
Posted by はねはなねこ at 2007年01月14日 14:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。