2005年10月24日

今年も食べるぞっ!かにちゃん



香港もやっと秋らしく、湿度が落ちてきた今日この頃です。

さてさてこの時期、香港の街を彩るのは「かに」。

上海蟹、こちらでは「大閘蟹」として親しまれています。
時期は9〜11月が中心ですが、
10月は濃厚な卵がたっぷりのメス、
11月はねっとりとした身の詰まったオスが旬です。

街の店先やスーパーに、ぐるぐる巻きになった「かにちゃん」がぎっしり並んでいます。
そしてレストランのメニューにも、「上海蟹小龍包」や「上海蟹みそスープ」やらが並びます。

この大閘蟹、毎年にせものが出回るので、産地特定用のタグをはさみにつけている所もあるのですが、そこはさすが中国、最近はこのタグのコピーまでが出回っているので、大手スーパーで買うのが手堅い選択です。


そんな「かにシーズン」の最中、友人にお招きを受け、私には敷居の高すぎる香港グランドハイアットの「1 Harbor Road」という中華レストランに行ってきました。

この「1 Harbor Road」香港セレブの御用達で予約を取るのも大変なのですが、その上ありがたい事に海側窓席でごちそうになってしまいました *(^▽^)*

もちろんお目当ては「大閘蟹」!
スーパーなどでは、1匹HK$100前後(約1500円)で買えるのですが、グランドハイアットでは1匹HK$300(約4500円)…(@_@)

大きさ10cm×8cm位の大閘蟹。
今回は卵たっぷりのメスに挑みます。

………………………。
………………………うぅぅ…。
………………………。
………………………いやぁ、これはこれは。

やはりカニを食べるときはみんな沈黙になります。
しかし、たまによく分からない声も聞こえてきます。

はぁ〜おいしかった。
たまには、ぜいたくも良いものですねぇ。



◆参考までに「大閘蟹」の調理法をご紹介◆

@まず1杯ずつきれいにたわしで洗いましょう。(※はさみの部分の泥のような部分は、汚れではなく、大閘蟹の毛ですのであしからず)
この時、ぐるぐる巻きのひもは食べる直前まで解かないようにしましょう。生きているので逃亡の恐れアリ!!

A大きな蒸し器に、しその葉をひいて、水を沸騰させます。

B汁がこぼれないように、カニのお腹を上にして並べます。

C強火で10分位蒸して、出来上がり。(※鍋の大きさや、カニの数で時間が若干変わってきます)



◆食べ方◆
・甲羅をはがしたら、灰色のヒダ(えら)と8mm位の星型の部分を取り除きます。
・お好みで黒酢としょうがをつけると、またおいしいっ!
・カニは中国医学的に見ると、身体を冷やす作用があるので、最後にしょうが茶(ウーロン茶+すりおろししょうが+はちみつ)をすすって、身体を温めて終わりです。







↓この記事がお役に立ったと思われたらクリックお願いします(^▽^)。
banner_04.gif

posted by はねはなねこ at 18:32 | 香港 | Comment(4) | TrackBack(0) | 食と生活必需品
この記事へのコメント
なんとまぁゴージャスな!
Posted by riris at 2005年10月27日 01:24
>ririsさま
11月になったら、オスに再挑戦っ!
あっでも、ウチで安上がりに。

個人的には、ねっとり食感のオスが好き!
ぜひ食べに来てほしいものです…。
Posted by はねはなねこ at 2005年10月27日 11:01
余談ですが娘は甲殻類アレルギーです(−−;
Posted by riris at 2005年10月27日 12:06
>riris
あ゛っ!そうでした…。
では、やっぱりディズニーに来て下さいね(^▽^)
Posted by はねはなねこ at 2005年10月29日 19:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。